薫ythm

ライブ・イベントなどの備忘録です。ネタばれ有り。ご注意下さい。

倉木麻衣 市原市市民会館 (8/19)

Live Tour 2006 “DIAMOND WAVE”
2006年8月19日(土) 17:30 市原市市民会館

自分が五井駅に到着する前に一雨来ていたらしく現地は限りなく高湿度。普通に歩いているだけで暑さと多湿で、マラソンでもしているかのような息苦しさを感じる。開演5分前に会場に到着したけれども開場が遅れたらしくまだ入り口付近がごったがえしていた。グッズの中では、ダイヤモンド入りネックレス\28,000が目立つ。遂に行き着いたかって感じ。

ステージは、小さめだけれどもかなり高精細なスクリーンがステージ後方中央に一つ。ダンサーが二人いるのでホールのステージがやたら小さく感じる。久しぶりの倉木さんは前髪も作っておらず真ん中から分けて下ろしたまま。衣装はM01-M12が白のタンクトップの上からボレロのような前を留めているベスト。下が左ポケット部に白のきらきらの花柄の入ったローライズジーンズ。M13-M17がグレイのタンクトップ。M18-M21が水色の方のツアーTシャツ。

MC1では、ツアータイトルのように大きなウェイブを伝えてゆきたいと挨拶して、次に古典をモチーフにした曲を聴いてくださいということでM03「State of mind」

MC2はご当地ネタ。ここにくる途中で市原の街中を見ていたら、ラーメン屋が多いですねとか話していたけど、自分も初耳だったし客席の反応なかったから多分そんなことはないのだろう。一応有名なチーズラーメン食べましたとか、よかったらみなさんも食べて、とか(苦笑)。

M08「ホログラム」は合唱するのかと思っていたらそうでもなかったのでホッ。
M10「Like a star in the night」はキーボード弾き語り。初日は見事に失敗したとか。次にステージ上手でM11「会いたくて」、ステージ中央に戻ってM12「Stay by my side」。M10で客席を座らせるのを忘れたらしく次のM11で座らせてた。

MC4はインターネットに書き込まれた質問に答えるコーナーらしい。今日は詞をどんなときにどんな場所で書いているのかという質問で、自分の部屋などの落ち着ける場所でデモテープを聴いてからイメージをふくらませて書くことが多いとか、キャスパーと散歩してリフレッシュするとか。

倉木の名が歌詞に登場する、微妙に面白ソングのM19「Ready for love」はアンコールに持ってきたか。ラストのM21「always」は入りだしがアレンジしまくり(そもそもアレンジなのか別曲なのか不明)で、ラスト定番曲ということがなければたぶんわからなかったな。
アンコール後は恒例の一人出てきての挨拶もあり。

セットリストはシングル曲が多い。新作以外のアルバム曲は2曲で、「Everything's 〜」はライブ定番なので、前回ツアーから残った「chance for you」だけと言ってもいい状況。あと改めてJ-POPというか歌謡曲色が強くなったなぁと実感。
あと一昨日の今日なので、デビューしてそれなりに活動期間長いし、ライブもそれなりに行っているのに、発声状態を保っているのはなかなかのことなのかもと思ったりしながら聴いていた。

◇セットリスト
M01 Diamond Wave
M02 Everything's All Right
 MC 1
M03 State of mind
M04 Delicious Day
M05 風のららら
M06 Secret of my heart
M07 kiss
 MC 2
M08 ホログラム
M09 SAFEST PLACE
 MC 3
M10 Like a star in the night
 MC 4
M11 会いたくて
M12 Stay by my side
 バンド・ダンサー紹介
M13 NEVER GONNA GIVE YOU UP
M14 Growing my of heart
M15 Stand Up
M16 Feel fine!
M17 ベスト オブ ヒーロー
アンコール
M18 Love, Day After Tomorrow
M19 Ready for love
 MC 5
M20 chance for you
M21 always
 挨拶
end
倉木麻衣,GIZA
::: 2006/08/19 土 17:30 ::: trackbacks (32) ::: edit

TRACKBACK URL

http://ythm.sylphlike.com/sb.cgi/212

TRACKBACKS

∴Selected Entries
∴Entries of Same Category
∴Categories
∴Archives
∴Calender
∴Other